草取りや剪定、抜根で空き家の雰囲気は大きく変わります

家の周りもお手入れが肝心 家の周りもお手入れが肝心

草取りや抜根は空き家管理の重要な業務

庭

空き家の管理とは、建物の管理をすればよいというわけではありません。庭のお手入れも重要であり、雑草の草取りや不要な木の抜根、生け垣の剪定などは絶対に行なわなければなりません。これらはなぜ必要なのか、その理由をここでは紹介していきます。

空き家の庭管理の必要性

空き家の庭管理を怠ると色々なトラブルが発生します。まず、空き家の景観が著しく悪化します。それだけではありません。伸び切った雑草は近隣の敷地内にまで侵入することがあり、迷惑をかけてしまいます。他にも道路にはみ出した雑草が原因でスリップが起こる可能性もあり、景観だけではなく周囲の環境も悪化させてしまうのです。その結果、近隣から苦情が来ることもあり、自分だけの問題ではなくなってしまう可能性もあるのです。雑草だけではありません、剪定を怠った木の枝葉が日陰になることもありますし、抜根を怠った切り株にシロアリが住み着き家に被害をもたらす可能性もあります。このように、庭の管理やメンテナンスは絶対にやっておかなければならないことなのです。

業者が行なっている空き家の庭管理サービス

草取り
業者が行なうことが多いのが、この草取りのサービスです。業者が行なう草取りのサービスは草刈りとは違い、根っこから雑草を取るため、夏場にまた生い茂ってしまうというリスクを大幅に省くことができます。
抜根
木の根っこを引き抜く作業を抜根といいます。この作業は斧やチェーンソーといった様々な道具や、場合によっては重機を用いるため個人で行なうのは極めて困難であり、業者に依頼しなければならないケースがほとんどです。
剪定
庭木の余計な枝を切り落として樹木の風通しを良くし、景観を整える作業を剪定といいます。この作業は家の景観を改善する場合は業者の管理サービスを利用したほうがより高い効果を発揮します。

草取り業者の空き家のお手入れ風景

ここでは、業者がどのようにして草取りや剪定・抜根の作業の流れを紹介します。庭の管理サービスの基本的な流れを、実際に空き家での作業事例をもとにみていきましょう。

草取り業者で行なっている作業事例

電動の草取り機で作業しました(30代/男性 草取り業者)

雑草が伸び放題になっており、家の景観が著しく悪化している他、冬の乾燥した季節になると雑草が原因で火事やボヤが発生することもあり、非常に危険です。よって、電動草取り機を使い余計な雑草を排除し、庭の状態をすっきりさせました。

空き家の木の剪定と抜根を行ないました(40代/男性 草取り業者)

空き家の生け垣が放置状態になっており、伸び切った生け垣が道路にまではみ出し、危険な状態でした。また、切り株は今のところ問題はありませんでしたが山に近いこともあり、シロアリが巣として住み着く危険性もあるので抜根を行ない、生け垣と庭の整理を行ないました。

草刈り道具

業者に依頼することで、草取りや剪定、抜根など庭の景観を整えるための様々な作業を承ってくれます。庭の管理を怠りどこから手をつければよいのかとお悩みの場合は、専門の業者に依頼をして庭の整備を行ってもらいましょう。依頼前に費用などもしっかりと確認することが大事です。

TOPボタン