空き家の草取り及び剪定・抜根を行なう際に発生する費用

家の周りもお手入れが肝心 家の周りもお手入れが肝心

空き家の抜根・剪定作業の費用について

住宅模型

空き家の草取りや剪定、抜根を行なう場合、一番気になるのはやはり費用でしょう。いくら重要なこととはいえ、費用が莫大なものになってしまうと少しためらってしまうものです。ここでは、そんな費用に関することを紹介していきます。

作業費の主な内訳

  • 人件費
  • 作業費
  • 重機使用費

草取りや剪定・抜根を行なう際に発生する費用の内訳は、主に上記の3つです。人件費には技術料なども含まれます。また、作業費は草取りや剪定、抜根などで発生した機の根っこや枝葉の処分を行なうための費用です。これらは量が多ければ多いほど費用が高くつきます。自分で処分する場合は発生しませんが、量によっては処分にかかる時間が非常に膨大なものとなります。そして最後の重機使用費ですが、これは主に抜根時に発生します。また、抜根ではなく、木そのものを処分する伐採にも重機が用いられることが多いです。

草取り業者に見積もりを取ってもらおう

剪定や抜根、草取りの料金は業者によって前後します。そのため、これら作業には明確に決まった料金が存在しません。しかし、事前に見積書確認することによってどのくらいかかるのかということを知ることができます。また、様々な業者に見積もりを出してもらうことで費用相場を知ることができるので、安く済ませたい場合は多くの業者に見積もりを取ってもらってそこから大体の相場を割り出し、安い業者に相談をするという手段もあります。

補助金を利用できるケースもある

お札と電卓

庭木の抜根にかかるお金は場合によっては非常に高くつくケースもあります。しかし、自治体では環境美化に貢献することで補助金が発生するケースもあります。補助金を抜根作業にあてることで大幅に作業費を節約することができます。

TOPボタン